【WARZONE】こっちが製品版かもしれない|CODバトロワ『感想・レビュー』

 

こんばんは。
motonoです。

 

今回は、ようやくCOD:WZをダウンロード出来てプレイしたので感想を書いていきます!(これでmwDLを3回目)画像無しでパパっと行きます。

如何せん容量が多いです(100GB)。そのため、悩んでいる方も多いと思いますので参考になれば幸いです。

正直言って。おもしろいです。

※PS Plus/COD:MW どちらも必要ありません!

完全無料です(ゲーム内課金はあります)

100GBですが

f:id:motonokus:20200312222349p:plain

WARZONEってどんなゲーム?

▼150人バトロワ(1部隊3人の50部隊)

▼死んだら1v1をして勝ったら復活(1度まで)

▼お金で蘇生可能

▼アーマーのレアリティなし(全員一律)

▼ピンで情報共有可能

▼キャッシュ(金)がすべて

▼試合時間30分程度

 

他にも色々ありますが、とりあえず「人数が多くて気軽なバトロワ」といった感じです。他のバトロワの要素が多々入っていますが(良い意味)、原作CODの延長にある印象です。CODのバトロワモードです。

youtu.beこのゲームは、昨年発売されたCOD:MWのバトロワです。

感想

1.1v1復活要素が素晴らしすぎる

2.元が有料ゲーなだけあってグラフィックが良い

3.思った以上にスピード感がある

4.CODの延長なので撃ち合いが楽しい

 

適当に箇条書きにしました。こっからはダラダラ書いていきます。やるかどうか迷っているそこのあなた!今からDLしましょう。

 

正直、プレイする前は「APEXに勝てるわけないってw。どうせ普通のバトロワでしょ?」と思ってました。

ただ、これが楽しいんです。足音が小さいとか色々ありますが、これからどうにでもなります。

WARZONEの1番素晴らしい点は「1v1復活要素」です。死んでも、味方にお金で復活させてもらえるんですが、その前に、収容所で1v1をして勝つと復活することが出来ます。これヤバいです。めちゃめちゃ良い。「何もせずに終わる」ってバトロワのあるあるだと思うんですが、このシステムで上手く救済しています。プレイすると分かるんですが(レビューで絶対言ってはいけない)、お祭り感というか、おふざけ感が楽しいです。

 

次にグラフィックです。もちろん製品版には劣りますが、無料バトロワだと思うとえげつないグラフィックです。COD:MWをご存じない方は銃やスコープのテクスチャーに驚くと思います。

 

そして、スピード感です。150人と聞いたときは、何分かかるの???と思いましたが、やってみると、マップもそこまで広くなく、戦闘があちらこちらで起きています。2時間ほどやって一度まぐれで13キル優勝出来たんですが、30分ほどでした。緊張感を楽しみたい方は少し物足りないかもしれませんが、CODが好きな方や、気軽にバトロワをしたい方にはとってもオススメです。

 

最後に撃ち合いです。体力はAPEXほど多くはありません。PUBGより少し多いくらいと言われています。アーマーも全員一律なので、立ち回りとエイムだけの純粋な撃ち合いが楽しめます。これがCODの延長だと感じた点の1つです。運ゲー要素はあまり無いですが、アホほど人がいますし、発砲で赤点表示があるので(なぜバトロワには赤点表示があるのかw)、初心者の方でもキルはしやすいと思います。

また、キルストなども使えたり、乗り物もあるので、そこもCODの延長ですね。マップに関しては、結構複雑なので待ちが強いですが、キルストのUAVを使ったりして索敵することもできるので、ガンガン凸って戦うムーブも全然出来ます。

 

APEXとどっちが楽しい?

別のゲームなので比べられませんが、APEXの現状(スキルマッチや1年以上プレイしてきてマンネリ化)を考えると、WARZONEの方が純粋に楽しめています。もちろん新鮮というのもあります。真面目にプレイしなくても楽しいバトロワです。アイテム管理が楽なのも良いですね。

ゲームとしての完成度はAPEXの方が断然高いと思います。

APEXは大好きなのでもちろんこれからもプレイしていきますが(ワットソンがいなくなったら一瞬でやめる)、WARZONEもやっていきたいです。そのくらい気軽に楽しめるバトロワです。野良でやるならAPEXの方が連携が取れるので気持ち的に楽かもしれません。WARZONEはフレンドとVCしながらやると楽しさが倍増します。

運営さん。このWARZONEで稼いで、次のCODに人件費をかけて良い作品を作ってください。

何はともあれ、良いゲームが出るのは良いことだ!

 

初心者さん向けの攻略はまた次の記事で!

それでは