10代のプロゲーマーが増えたので|10代にピークを迎える能力を調べてみた

 

こんばんは。
motonoです。

 

今回は、フォトナの大会を見てたら、10代のプロゲーマーが増えたなーと思ったので、10代にピークを迎える能力ってあるんだろうかというのを調べました。

f:id:motonokus:20200218183246p:plain

18歳前後でピークを迎える能力

総合的な情報処理能力記憶力

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)で認知科学研究をされているジョシュア・ハーツホーンという方が行った研究で、10歳から90歳までの数千人を対象に単語の暗記や顔の識別、名前の記憶、計算の能力について調査をされました。

その調査によると、「総合的な情報処理能力と記憶力」は18歳前後にピークがあったそうです。

ちなみに集中力は43歳前後だったそうです。

ゲームに1番必要な能力じゃねーか

情報処理能力は簡単に言うと「頭の回転が速い」ってことですね。

もうバトロワやマルチプレイヤーゲームはこれがすべてと言ってもいいんじゃないでしょうか。もちろん、経験も大事ですが、その場の状況判断をどれだけ早くできるかが大事ですよね。

その能力は18歳前後がピークだそうです。やはりプロゲーマーの選手生命が短くなるのは仕方がないことなんでしょうか・・・。

 

頭の回転を速くする方法

色々と方法がありますが、個人的に簡単にできそうなのをピックしました。

▼早口でしゃべる

▼速読をする

 

IQが高い人は喋るのが早かったり字が汚いというのを聞いたことがあります。脳と手が追い付いてないとか(ダメじゃん)。

ゲームをしながら鍛えるのであれば、判断を早める(決断を早める)のが良いんじゃないかと思います。どこに行こうか、いつ詰めようかっていうのを、出来るだけ早く決めてしまうということです。ゲームは決断力も大事ですよね。決断力も、結局は正解だと思う方を選ぶので、頭の回転になりますね。

 

おわりに

これを読んでいる20代の方!仲間です!諦めてはいけません!

そして10代のみなさん!あなたにはまだ伸びしろがあるはずです!

書くことない

それでは