【Apex Legends】アーマーの仕様が元に戻った理由と、そもそも仕様を変更した理由について

APEX関連の記事はこちらから!

Apex Legends カテゴリーの記事一覧

 

こんばんは。
motonoです。

 

またまたお久しぶりです。ハイパースケープちょっとやったりしてましたがあまりハマれず、昨日リリースされたスペルブレイクが気になっている今日この頃です。

 

Apexはシーズン6のアーマー変更やエナジー環境があまり好みではなく(どれだけ自分の立ち回りがダメかが分かりました)、ほとんどプレイしていなかったんですが、アーマーの仕様がこれまでの仕様に戻りました。進化シールドは継続です。

 

今回は、なぜ仕様変更を戻したのか、そして、そもそもなぜ仕様変更をしたかについて開発者のJason McCord氏がコメントしているので、ご紹介していきます。

 

www.ea.com

 

f:id:motonokus:20200904160214p:plain

仕様変更の理由

進化アーマーの導入により、(内部プレイテストで)ほとんどのプレイヤーが赤アーマー(125シールド)になり、合計225ヘルスで多くのプレイヤーが戦っていることがわかりました。これにより、思うよりも戦闘が激しくなり、優れたプレイヤーは、敵がはるかに優れたポジションにいたとしても負かすことができました。アーマーの値を下げることで、私たちは赤アーマーの可用性を調整しようと考えました。

 

というのがざっくりとした内容です。マップポジションなどの戦略性はシーズンを経て良くなったけれど、赤アーマーのせいで戦闘が思った以上に長引いているのが、開発者からすると嫌だったらしいです。

 

仕様変更を元に戻した理由

アーマー仕様変更後のテストプレイ(内部)でのフィードバックは肯定的でした。しかし、Apex Legendsを毎日プレイしている何百万人と比較すると、私たちは小さなグループです。私たちのチームのスキルレベルはさまざまで、大きなバランスの変更は、実際にすべてのユーザーからフィードバックを得たときにのみ吟味されます。

Apex Legendsのエクスペリエンスの向上に常に努めています。テストはその本質的な部分です。私たちは常に物事を正しく行うとは限りませんが、そうでない場合は物事を聞いて修正することが重要です。

年を重ねるごとに、ゲームを新鮮で面白く保つために、ゲームを変えていきます。このパッチが私たちが自分の決定について深く考えていることを証明していることを願っていますが、最も重要なのはプレイヤーの意見を聞いていることです。

 

とおっしゃっています。今回の仕様変更は内部では好評だったらしいですね。

個人的には、進化に必要なダメージを下げるだけでも良かったんじゃないかとも思いますが、どちらにせよ一瞬で溶けることは無くなったので、今までの削っていく撃ち合いや駆け引きの楽しさが戻ってきたので満足です。金アーマーの価値も元に戻りましたね。運営様ありがとうございます!

 

 

またぼちぼちApex再開していこうと思います!

それでは