「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼」が絶対売れると思う理由

こんばんは。motonoです。

 

今回は、2019年3月22日発売予定の「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼」についてのお話です。先日PlayStationのイベントで試遊してきたので、感想などを書いていきます!

f:id:motonokus:20181204100244p:plain

 

SEKIROとは

既にご存知だとは思いますが...

 

SEKIROは、「DARK SOULS」でお馴染み「フロム・ソフトウェア」と「COD」などでお馴染みの「ACTIVISION」が共同開発しているアクション・アドベンチャーゲームです。

日本の戦国時代がモチーフになっている和風ゲームです。詳細は、公式サイトをどうぞ!

www.sekiro.jp

 

www.youtube.com

カッコよすぎです。敵も雰囲気があってとっても良い。最後のやつもやばい。

是非他のトレーラーも見ていただきたいのですが、敵がカッコイイです。カッコイイ敵はテンション上がりますよね。

 

 

PlayStation祭に行って「SEKIRO」を試遊してきた

f:id:motonokus:20181207131826p:plain

公式サイトより引用

https://www.sekiro.jp/

ということで試遊予約をして実機プレイしてきました!

プレイ時間:20分

この画像のボスをクリアするとTシャツがもらえます。

プレイ内容は、TGSの公開実機プレイと同じですので、お手数ですがYoutubeで検索してご覧ください。

 

雑な説明ですが、

雑魚ボス

赤鬼(中ボス)

破戒僧(ボス)

という流れです。

 

ゲームシステムをちょっと説明

フロムのゲームは「高難易度」と有名ですが、SEKIROもその難易度は健在です。といっても、プレイスタイルによって難易度が変わります。

 

SEKIROは、「忍殺」というトドメを刺すことで敵を倒します。

f:id:motonokus:20181207132547p:plain

公式サイトより引用

https://www.sekiro.jp/

忍殺をするには、気づかれずに敵に忍び寄るか、敵の体幹ゲージをフルにしないといけません。体幹ゲージは、プレイヤー側にも存在しますが、ダメージを与えていくと体幹ゲージが溜まり、ひるみやすくなります。つまり、忍びながら敵を「忍殺」したり、左腕の「義手忍具」という特殊武器を使いながら敵を攻略したりと、攻略方法はプレイヤーそれぞれです。

f:id:motonokus:20181207132828p:plain

公式サイトより引用

https://www.sekiro.jp/

 デモプレイでは、火炎放射手裏剣の3種類でした。最新映像では、槍のようなものを使っていたので、ストーリーを進めるごとに、様々な義手忍具が手に入るのかもしれません。

トレーラーでもたくさん登場していますがSEKIROは、マップに高低差があるので、「鉤縄」を使って移動します。

 

システムはこの辺で、さっそくゲームの感想に参ります。さっそくではない

 

緊張感と爽快感のハイブリッド

これは売れる。はっきりわかるんです。

フロムソフトウェアのゲームですので、ダメージは結構なものです。基本的には攻撃を受けてはダメです。ガードを適切なタイミングでするか、パリィ(見切り)で相手の体幹を崩しながら忍殺!です。この体幹の要素がよくできています。体幹ゲージをMAXにすると忍殺ができるので、言い換えれば「忍殺ゲージ」です。自分の体幹にも気を遣いながら、体幹を崩していく駆け引き的緊張感、カッコイイ敵と戦う高揚感、そしてゲージをMAXにしてトドメの忍殺。爽快感がハンパありません。雑魚敵でも気持ちいいです。また、一つ一つのサウンドが最高に気持ちイイので、ヘッドホンをするとより良いです。

f:id:motonokus:20181207140754p:plain

公式サイトより引用

https://www.sekiro.jp/

ただ日本刀で攻撃するだけでなく、敵に合わせて斧や火炎放射などの義手忍具を使うなど、攻略も楽しめます。上の画像のように、忍んで進んでいく緊張感もたまりません。もちろん、戦いまくっても構いません。様々なプレイスタイルで楽しめると思います。

 

文字で伝えないといけないのですが、

プレイしてほしい

です。絶対面白いと思うはずです。

 

難易度はどのくらい?

あ、クリアはできませんでした。ボスが難しかった!

PS祭でのクリア人数は1日に10人程度でした。予約プレイ以外を含めると、1人20分でPS4が5台くらいありましたので、100人くらいプレイできたと思います。クリアは10%ですね。ちょうどよい難易度ではないかと思います。これで5人とかだとちょっとアレですが、20分で攻略できた方が10%程度いらっしゃるということなので、良い難易度ではないでしょうか。

f:id:motonokus:20181207143514p:plain

公式サイトより引用

https://www.sekiro.jp/

「難しい!もう無理!やらん」とはならないのがスゴイなーと思いました。今もずっとやりたいです。それはきっと、「さっきのプレイの何がダメなんだ!」という理不尽な難しさではないからです。「あそこはこうした方がよかったかな」という攻略意欲を駆り立てるゲームです。攻略の選択肢が多いからではないかと思います。プレイヤー自身が様々な攻略を試しながら、自分自身の正解にたどりつくのがこのゲームの楽しさです。是非最新情報もチェックしてみてください!

 

 

 

 ↑予約はこちらから 6,500円と結構安いです。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。SEKIROの面白さが少しでも伝われば嬉しいです。3月22日が楽しみですね。